疑似科学とゲルマニウム/ゲルマニュウム

プラシーボ効果とツボ刺激は擬似科学

ゲルマニウム/ゲルマニュウムってどうよ!疑似科学とゲルマニウム>プラシーボ効果とツボ刺激は擬似科学

関連サイト ゲルマニウム温浴プチシルマこむら返り原因と予防肩こり原因と解消
厚生労働省が効果を認めたゲルマニュウム製品
  1. 医療用具とは
  2. プチシルマ
  3. ゲルマニウム温浴
  4. ゲルマニウムネックレス
医療用具を症状解消に活用する
  1. 肩こりの原因と解消
  2. こむら返りの原因と予防
ゲルマニウムの基礎知識
  1. ゲルマニウムとは
  2. 無機ゲルマニウム
  3. 有機ゲルマニウム
サイト管理
  1. 相互リンクについて
  2. 管理人 澤田光昭
  3. 資産運用*
  4. サイトマップ
  5. 参考図書
コラム@ ゲルマニウムに効果なしという意見
  1. ゲルマニウムは擬似科学だから効かない
コラムA 薬事法を守ってゲルマニウム販売は可能か
  1. 薬事法とゲルマニウムの効果効能の表現
プラシーボ効果とツボ刺激は擬似科学

 私のひとり言です。
 思いついたことを書きます。
 あとで、調べてもっと正確な内容にするつもりですが・・・。

 プラシーボ効果は、科学といいきれるのか。
 ツボ刺激は、あきらかに疑似科学です。

 という考えが、私の中にあります。

 まず、プラシーボ(偽薬)効果について。

 偽の薬(原因)で、痛みが消える(結果)ということが科学的に認められています。
 原因によって結果がおこるという因果関係が確認できることは科学であるという判断なのでしょう。

 しかし、プラシーボ効果の理論的説明が
 「思い込みの力」
 「信じる気持ちの強さ」
 「自己暗示」
 など、です。
 これは、科学・・・??

 心というものを科学的に研究することが、科学ではないと否定されているわけではありませんが
 その研究の客観性が難しく、フロイトの精神分析学をはじめ心理学は、疑似科学的な批判も受けています。

 「思い込みの力」というなんだかよく分からない理論で説明されるプラシーボ効果を、科学であると断定的に用いることに納得いかないものを感じます。

 さて、
 ゲルマニウムなどの代替医療は、疑似科学だから効果がないという人の中で、
 「もし、効果があるなるなら、それはプラシーボ効果だ」
 という説明を多数見かけます。

 代替医療の効果がプラシーボ効果であると、科学的に調べた人はいるのだろうか。
 たんなる
 印象や直観で、言っているようにしか聞こえない。

 それが、科学的を自称する人達なのだろうか。
 (本当は、プラシーボ効果を含め、その効能を証明をすべきなのは、代替医療の側なんですけどね)


 それから
 ツボ刺激は、東洋医学に入るので、疑似科学です。

 ゲルマニュウム粒療法や、磁石を貼付する健康機器にたいする批判で、
 「米粒でもツボに貼付すれば、効果があるのに、ゲルマニュウムを貼る必要はない」というものがあります。

 ツボ刺激の効果は、疑似科学です。ツボという疑似科学で、ゲルマニュウムや磁気という疑似科学を批判しているし・・・。

 なんとかならんものか。


参考
プラシーボ効果
 http://www.page.sannet.ne.jp/onai/Healthinfo/Pracebo.html

  1. 疑似科学とは
  2. 疑似科学批判の問題点
  3. あなたは、疑似科学を見抜けるか
  4. ゲルマニウムの疑似科学
  5. ゲルマニウムと代替医療
  6. 東洋医学と疑似科学
  7. プラシーボ効果とツボ刺激は擬似科学
  8. ”ゲルマニウムは疑似科学だから効果はない”の短絡思考 ←次
  9. 疑似科学に詳しい本・HP

相互リンク集

(C) ゲルマニウム/ゲルマニュウムってどうよ!