疑似科学とゲルマニウム/ゲルマニュウム

ゲルマニウムと代替医療

ゲルマニウム/ゲルマニュウムってどうよ!疑似科学とゲルマニウム>ゲルマニウムと代替医療

関連サイト ゲルマニウム温浴プチシルマこむら返り原因と予防肩こり原因と解消
厚生労働省が効果を認めたゲルマニュウム製品
  1. 医療用具とは
  2. プチシルマ
  3. ゲルマニウム温浴
  4. ゲルマニウムネックレス
医療用具を症状解消に活用する
  1. 肩こりの原因と解消
  2. こむら返りの原因と予防
ゲルマニウムの基礎知識
  1. ゲルマニウムとは
  2. 無機ゲルマニウム
  3. 有機ゲルマニウム
サイト管理
  1. 相互リンクについて
  2. 管理人 澤田光昭
  3. 資産運用*
  4. サイトマップ
  5. 参考図書
コラム@ ゲルマニウムに効果なしという意見
  1. ゲルマニウムは擬似科学だから効かない
コラムA 薬事法を守ってゲルマニウム販売は可能か
  1. 薬事法とゲルマニウムの効果効能の表現
ゲルマニウムと代替医療

 ここでは
 代替医療の特徴を説明し
 代替医療の問題点を考えます。

 ゲルマニュウムは、代替医療に入れる科学者が多いと思うので、
 ゲルマニュウムは代替医療であるとして、話をすすめます。

疑似科学批判者が指摘する代替医療の特徴
                  (参考:「疑似科学と科学の哲学」)
 1.全体的視点の強調
 患部を対処療法で治す正統医学の方法を否定する。体全体からみた健康バランスを重視する。
 2.精神的側面の強調
 精神面(ストレス、霊性など)の健康を重視する。患部の物質面だけをみていても治らないと主張する。
 3.自然な治癒力の信頼
 正統医学の薬で治す方法を否定する。生体本来の自然治癒力を発揮させて治療する。病気を治すのは本人だという。
 4.古代からの知恵の尊重
 古くから伝わる民間療法(アーユルベーダ、東洋医学など)の方法を、権威づけに利用する。

代替医療の問題点

 アメリカでは、医療アクセス法法案が何度か提出されて、
 そのつど、はげしい議論がかわされているが
 法案は通らないようです。

 医療アクセス法(法案)の内容は、消費者に情報を与えて、代替医療の薬や治療も含めた中から選ぶことができるという法案です。

 反対意見としては
 ・国民の健康を維持する事ができなる
 ・根拠のない代替医療の有効性を信じてしまうという誤解を生む

 支持する意見としては
 ・治る見込みのない病人にとっては、代替医療を受けるようにできもいいのではないか。
 ・個人の自己決定権を尊重すべきだ

 この賛成反対の意見をながめてみると
 科学的な問題と社会的な問題みえてきます。

 科学的な問題
  1. 代替医療の効果は科学的に証明されていないことの周知
  2. 代替医療は、科学的根拠が薄いことの周知
 社会的な問題
  1. 代替医療の治療を希望する人への支援のあり方

ゲルマニュウムの代替医療

 ゲルマニュウムを用いた治療法に科学的根拠は認められていません。
 ゲルマニュウムの効果についても、「ある」のか「ない」のかよく分かりません。効果があるという人もいれば、効果はなかったという人もいます。

 ゲルマニュウムのアサイゲルマニュウムは、医薬品申請を行った事があるといいます。

 その結果は、不承認ということです。

 聞く所によると
 書類上の不備だとか。

 その後、申請は行われておりません。
 その理由は、ゲルマニュウムの万能薬的効能は、「一薬一病」の医薬品にはそぐわないから、というもの。

 笑ってはいけんません。
 (ぷぷっぷっ(笑))

 医薬品に承認されれば、
 浅井博士の願いが叶うのに。
 浅井博士は本当に心から、病人を救いたいと考えて有機ゲルマニュウムを開発しました。それは確かだと思います。
 ならば、意地でも医薬品として承認されるように、がんばるべきでしょう。
 そうすれば、全ての病院にゲルマニュウムが完備され、全ての病人が治るでしょうに。(本当にその効能があれば)

 他の代替医療や健康食品もそうです。
 癌が治るというキノコも
 病院に、特効薬として配備されるためにも、法的に認められるようにがんばるべきですね。

  1. 疑似科学とは
  2. 疑似科学批判の問題点
  3. あなたは、疑似科学を見抜けるか
  4. ゲルマニウムの疑似科学
  5. ゲルマニウムと代替医療
  6. 東洋医学と疑似科学   ←次
  7. プラシーボ効果とツボ刺激は擬似科学
  8. ”ゲルマニウムは疑似科学だから効果はない”の短絡思考
  9. 疑似科学に詳しい本・HP

相互リンク集

(C) ゲルマニウム/ゲルマニュウムってどうよ!